永岡寛子(整理収納アドバイザー/親・子の片づけマスターインストラクター)先生のイベント口コミ

■先生
永岡寛子

はじめまして、永岡寛子(小4男子の母)です。
整理収納アドバイザー/親・子の片づけマスターインストラクターとして、子どものお片づけに悩む親御さん向け講座をするほか、子育てサロンでのお片づけミニセミナーや子ども向けワークショップなどを開催、またお客様のお宅でのお片づけ作業にもうかがっています。
私自身、息子が2歳の時に「どうやって子どもに片づけを教えたらいいのか?」と悩んだことから片づけを学び、実践してきました。
9歳になった息子は、いざとなったら、さーっと片づけてくれる頼もしい存在に成長!
この効果を実感しています。
お子さんが一番かわいい今の時期、お片づけでイライラしたらもったいない!
楽しくお片づけに取り組みたいものですね。
画面越しにお会いできるのを楽しみにしております。
講師ブログ:https://ameblo.jp/oko-r
親・子の片づけ教育研究所HP:https://oyako-katazuke-edu.jp/

ブログ・SNS各種リンクは下記QRよりご覧いただけます。

———————————————————-
■実施しているイベント

0~10歳の生きる力を伸ばす!人間力を伸ばす♪お片づけの話

・開催カテゴリー:家事・生活(片付け・整理収納)
・過去のイベント例(一部記載)
06/02(火) : 0~10歳の生きる力を伸ばす!人間力を伸ばす♪お片づけの話

※直近開催予定のイベントはイベント一覧をご覧ください

———————————————————-

■過去実施したイベントに参加された方の声

参加日参加者のこえ
6月2日とても勉強になりました。内容はわかりやすく、具体的で今日から取り入れたいと思いました。質問にもしっかりお答え頂けて、嬉しかったです。先生の人柄も素敵でした。もっと先生に教わりたいとおもいました。
吉岡さま素敵な企画をありがとうございました。他のお母さんの質問も共有できてよかったです。ありがとうございました。
6月2日片付けないと捨てちゃうよ。ついつい言ってましたが、子供への脅迫ですね。大人にとってはガラクタに見えても、子供にとっては大切なものだったりすることも。早速、ガラクタボックスを用意して、ここに入らなくなったら、どれかさよならしてねと伝えました。リビング=子どもの部屋なので、少しでも自分で片付けてくれるように、収納作りと声掛けを意識してみます。
8月9日片付けに対してのモチベーションが少し変わりました。主に親主導で片付けをしていたのを改め、片付けそのものを子どもと一緒にやるのはもちろん、その前段階でのいる・いらないの選択や、おもちゃの分類方法まで、子どもと一緒に考えることが大切だというのは新たな気づきでした。片付けは子どものこれからの選択力や生きる力に繋がっていくという言葉がとても印象的でした。本人の意思を尊重しつつ、少しずつ実践していきたいと思います。
8月9日片付けやすい環境を整えるだけでなく、子どもへの関わり方もまた片付けの一部なのだと勉強になりました。
片付けと一言で言っても、色々な要素があり「習い事をさせるよりも、自分の身の回りを自分で片付けさせた方が、力になるかもしれない」といった旨のコメントがとても胸に響きました。教えて頂いたことを意識して、少しでも実践していきたいです!
8月9日お片付けを習っていない……に「確かに‼️」って思いました。収納増やそうと主人と話をしていましたが、一回リセット。娘と一緒に話ながら、いる・いらないの選別ができたらと思いました。たぶん半分くらいになると思うので(笑)作品の残しかたも大変参考になりました。来月から本格的に幼稚園に通うので、是非やりたいと思いました。

お得な親子向けイベントの案内が届く

famphoto会員登録(無料)はコチラ!

あなたもお子様との想い出を残しませんか?
自宅で体験可能なイベント情報やグッズなどの案内が受け取れます!
「登録はこちら」ボタンからLINEのともだち登録を行ってください。

登録はこちら